旅行記

旅行記

栗林公園

2012年3月14日投稿

10数年ぶりに、四国の玄関口「高松」の栗林公園を訪れました。最初の写真は、「飛来峰」という場所からの眺めです。立て看板によると「明治43年文部省発行高等小学校読本(教科書)文章中に、風致の美をもって世に聞ゆるは水戸の偕楽園、金沢の兼六園、岡山の後楽園にして之を日本の三公園と称す。然れども高松の栗林公園は木石の雅趣却って此の三公園に優れりと記されている。〝飛来峰〟という名称は、中国杭州にある名勝地から得た命名といわれている。」とありました。赤松とともに、紅梅も印象的でした。

ペンネーム:風来坊

20120314062626.jpg 20120314062626-2.jpg 20120314062626-3.jpg

コメント(0)

コメントする

旅行記一覧に戻る >>

PAGE TOP