旅行記

旅行記

年末年始

2014年1月 9日投稿

年末30日から元旦にかけて、島根から鳥取へ2泊3日の旅行。1日目は、新横浜から岡山まで新幹線。岡山でバスに乗り換え、松江城から宍道湖を抜けて出雲大社へ。重量4.4トンの注連縄をくぐり、カミさんの誕生日が「今日、12月30日に一番近い」とやらで37人のツアー客の代表に選ばれ、玉串奉納。記念にはなったが残念ながら撮影禁止。玉造温泉泊。 2日目は足立美術館を堪能。雪の中の庭園というのも「オツ」なものであるが、大観、玉堂、魯山人等の名作を個人が蒐集したというから、驚きである。バスで移動中、運がよく伯耆大山が雲の中から顔を出してくれた。三朝温泉泊。 3日目は、白兎海岸から鳥取砂丘へ。無料の長靴を借りたものの、砂が細かくて歩きにくく、日本海からの風が冷た過ぎ。駱駝をあきらめ、ラッキョウを買って一路倉敷へ。 年末年始で休業が多い中、今日だけ特別営業だという大原美術館をありがたく見学。何日か滞在して散策してみたいと思う街であった。 お目当ての土産が倉敷では売り切れながら、新幹線に乗る直前に岡山の駅構内でからくもゲット。酒と天気に恵まれ事故もなく、目出度し、目出度しの深夜の帰宅。寅さん

20140109111322.jpg

20140109111322-2.jpg

20140109111322-3.jpg

20140109111635.jpg

20140109111635-2.jpg

20140109111635-3.jpg

20140109112521.jpg

20140109112521-2.jpg

コメント(0)

コメントする

旅行記一覧に戻る >>

PAGE TOP