Monthly Health Report (2018.12)

今月のことば

ヒートショック

急激な寒暖差を感じることで血圧が変動し、さまざまな健康被害を及ぼすヒートショック。寒い冬の時期に起こりやすく、高齢者や動脈硬化が進行しやすい持病を抱えている人は、心筋梗塞や脳梗塞、不整脈などを起こすおそれもあるので要注意です。

わたしたちの血圧は、1日のうちで上がったり下がったりを繰り返しています。ほとんどの場合、起床時の血圧は低めで、昼になるにつれて上昇していき、夕方から夜にかけて徐々に低くなっていきます。さらに夏場は低く、冬場は高くなりやすいという季節変動もあります。

このように絶えず変動している血圧ですが、血圧変動に影響を与えやすいのが、急激な温度変化です。冬場に暖かい屋内から寒い屋外、あるいは暖房の効いた部屋から冷え切ったトイレに移動したとき、もしくは冷たい水に触れるだけで上昇することがあります。

ヒートショックがもっとも起こりやすい場所が、冬場の浴室です。暖房の効いた部屋から寒い脱衣所で服を脱ぎ、冷え切った浴室で熱い湯に浸かるといった具合に、急激な温度変化にさらされると血圧は乱れて、心臓に大きな負担をかけることになります。

入浴時のヒートショックを回避するには、まず暖房の効いた部屋と脱衣所の温度差を小さくすること。簡易式のファンヒーターなどを活用して、脱衣所を暖めておくとよいでしょう。その際は、火のもとに気をつけること。浴室は湯船の湯気で暖めると、脱衣所との温度差を小さくすることができます。入浴前にシャワーから湯を出しておくのも1つの方法です。

欧米人に比べて、日本人は寒さを我慢する傾向がある、と専門家は指摘します。節電・節約を考えるのも大事ですが、健康のために躊躇せずに暖房器具を活用しましょう。