Monthly Health Report (2021.4)

ザ・ルーツ

パンフレットの起源

映画鑑賞の記念として購入したり、気になるお店の新商品をチェックしたりと、日常でパンフレットを手にする機会は意外と多いものです。情報を気軽に読めて便利なパンフレットですが、その歴史は12世紀のヨーロッパにさかのぼります。

各国で芸術・文化が盛んであったこの時代、フランスに暮らすパンフィルスという名の詩人が発表した『パンフィルス、あるいは愛について』というタイトルの恋愛詩が話題になりました。この詩がコデックス(冊子状の写本)の形で各地に広まったものが、現在のパンフレットのルーツであると言われています。

語源にもなったパンフィルスという人名ですが、これはもともと「あらゆる人の友」という意味のギリシャ語に由来する言葉です。その名のとおり、この詩は多くの人の心に友として迎え入れられたのですね。

ちなみに、日本の映画館では作品ごとのパンフレットを購入できるのが一般的ですが、じつはこの習慣、欧米をはじめとする海外の映画館ではほとんど見られません。美しい写真やスタッフ・キャストのコメントとともに作品を振り返ることができる「映画パンフレット」は、日本独自のユニークな文化なのです。