Monthly Health Report (2021.07)

今知りたい 季節の健康コラム

熱中症

蒸し暑い初夏の時期、気をつけたいのが「熱中症」です。最高気温が記録を更新するような猛暑日はもちろんのこと、やや蒸し暑いなと感じる程度の気温でも、熱中症のリスクは高まります。

熱中症とは、体温の調節機能がうまく働かず体内に熱がこもることで引き起こされる症状です。日本救急医学会によれば、熱中症は重症度によりⅠ度~Ⅲ度の3段階に区分されています。現場で応急処置が可能な「Ⅰ度(軽症)」の症状は、めまい・失神、筋肉の硬直(こむら返り)、大量の発汗など。病院への搬送が必要な「Ⅱ度(中等症)」では、頭痛、吐き気・嘔吐、脱力感など。入院・集中治療が必要な「Ⅲ度(重症)」では、痙攣、高体温、刺激反応の異変、意識の消失などの症状が見られます。熱中症は症状の進行が極めて速く、数時間で命を落とす可能性もある危険な状態です。症状が現れたら早急な対処を、また日頃からの予防対策を心がけることが肝心です。

熱中症になりやすいのは、気温や湿度が高くなる梅雨どきや、体が暑さに慣れていない初夏の時期です。気温が高いと皮膚から空気へ熱を逃がしにくくなり、湿度が高いと汗をかいても蒸発しにくくなります。急な暑さを感じる日や雨の後で蒸し暑い日には、屋内・屋外を問わず予防対策を徹底しましょう。

熱中症の予防に有効なのは、まず「暑さを避けること」です。室内では我慢しすぎずエアコンをつけ、外に出るときは風通しのよい衣類や日傘、帽子等を活用しましょう。水分補給も大切です。1日1.2リットル以上を目安に、喉が乾いたと感じる前にこまめな水分補給を行ってください。とくに汗をたくさんかいたときは、塩分も一緒に摂取することを忘れずに。また、睡眠不足や二日酔いのときは熱中症をより引き起こしやすくなります。体調が悪い日は無理をせず休息するようにしましょう。