Monthly Health Report (2021.09)

今知りたい 季節の健康コラム

秋の肥満とダイエット

秋は「太りやすい」とも「痩せやすい」とも言われる季節。いったいどっちなの?と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。じつはどちらにも頷ける理由があります。まず、秋に太りやすい理由としては、夏バテの影響で弱っていた消化器官が回復し、食欲が旺盛になることが挙げられます。しかし同時に、人体の構造的に言えば秋は痩せやすい時季でもあります。これは、気温が下がると人は体内で脂肪を燃焼し、エネルギーを作り出して体温を上げようとするためです。したがって、ダイエットを効率的に行いたいのであれば、気温の低い秋~冬はうってつけの季節と言えます。

秋のダイエットを成功させるには、まず「体を温めること」を意識しましょう。とくに内臓を含む下半身の冷えは脂肪を増やす原因となります。冷たい食べ物や飲み物を避け、足元とお腹を温められる服装を選ぶことが大切です。お風呂はシャワーだけで済まさず、15~20分ほどゆっくり湯船に浸かることをおすすめします。体が温まり基礎代謝がアップすることに加え、食欲と直結している自律神経のバランスも整います。

秋の味覚にはヘルシーで栄養価も高い優秀な食材がたくさんあります。たとえばキノコ類は食物繊維が豊富で低カロリーですし、サンマは太りにくく良質な油であるオメガ3脂肪酸を多く含んでいます。ただしイモ類や栗など糖質を多く含むものもあり、食べ過ぎれば当然肥満に繋がります。腹八分目を心がけるとともに「1口20回以上噛む」「甘いものは15時まで」など、節制のためのマイルールを決めておきましょう。また、代謝がアップする秋の恩恵を最大限活用するのであれば、運動を始めることもおすすめです。室内での筋トレと、屋外でのウォーキングやジョギングといった有酸素運動を組み合わせ、効率的で心地よい秋ダイエットを目指してみるのはいかがでしょうか。